教育分野のチームコーチング普及をめざす日本SCHOOLチームコーチング協会 LLC のサイトです

日本SCHOOLチームコーチング協会 LLC. 

                    〒812-0044

                  福岡市博多区千代三丁目4-27 505

                   Email info@schooltemcoaching.jp

規範と倫理

この規約は、当協会が行うトレーニング期間中の受講者、及び、「認定schoolチームコーチ・トレーナー」が活動する場合の、価値観に基づく行動の規範です。行動は慣習法に基づくものであり、何をすべきか詳細に規定されていませんが、ガイドラインとなる原則が示されており、その範囲内で自由に動くことができます。この規約に同意することが、「schoolチームコーチ」及びトレーナーとして認定を受ける前提であり、「schoolチームコーチ学会」の会員になる前提です。

当協会は、「認定schoolチームコーチ」「認定schoolチームコーチトレーナー」の仕事に責任はありませんし、彼らを継続的にモニターすることもありません。認定コーチ・トレーナーは自分自身の仕事と結果に責任があります。しかしながら、当会社に届いた、規範に対して認定コーチ・トレーナーへの不平には注意を払い、その行動違反が証明された場合には除名されます。 規範と倫理 これらの規範は、全体を読んで解釈されるように構成されています。この規範に書かれている順序には、なんら優先順位はありません。

第1章  守秘義務とプライバシー

○ トレーニング期間中の受講者、及び、「認定schoolチームコーチ」「認定schoolチームコーチトレー   ナー」、及び「日本schoolチームコーチ学会」の参加者は、あらゆるチーム成員やクライアント等の情       報について、守秘義務を守る。ほかの人に情報を開示する場合には、事前に明確な合意契約を交わす。

○受講者コーチのトレーナーとして活動する際、受講者に守秘義務を守ることについて明らかにする。 

第2章  職業的な行動

○ 「認定schoolチームコーチ」「認定schoolチームコーチトレーナー」は、コーチ・トレーナーとして 提供するものに関して、意図的に虚偽または誤解を招くような公的発言をしない。あるいは、資格に関する不正な申し立てをいかなる書面形式にても作成しない。

○ 「認定schoolチームコーチ」は、当協会が提供する「教科書」等を用いて活動する際、児童・生徒等に対しての教育的活動に用いる。商業的に用いるために第三者に複写したり譲渡したり、またそれを自分のものとして誤って発表・表現したり することはしない。この基準を守らなかった場合、第三者による法的措置の可能性があることを理解している。

○ 「認定schoolチームコーチトレーナー」は、「教えるレベルの維持」「認定資格維持」のために、年 に一度のトレーナー研修受講が必要である。また、セミナー開講時に用いる「教科書コンテンツ使用」の条件を理解している。